金剛金シャツは危険?使い方を間違えた場合のトラブルとは

加圧トレーニングのように、体へ圧力をかけられるのが金剛金シャツです。しかし、加圧トレーニングとは違ったトラブルがあり、中には危険を伴うものもあります。金剛金シャツを利用する際は、間違った使い方をしないよう注意が必要になります。

■サイズ選びに失敗すると危険

加圧トレーニングも一歩間違えば危険を伴いますが、金剛金シャツも同様で、サイズ選びを間違えてしまうと危険になる場合があります。特に圧力が強いものもありますので、サイズはしっかり選ばなければいけないでしょう。

■体にしびれが出る

特に注意したいのがしびれです。金剛金シャツを着用した後、体の一部にしびれが出てしまうことがあります。ある程度締め付けることで神経が圧迫されるため、しびれが出た時は注意したほうが良いでしょう。

■内出血を伴うことも

また、金剛金シャツが血管を圧迫することから、内出血にも気を付けなくてはいけません。うっ血してしまうと痕が残ってしまいますし、場合によっては危険を伴います。特にインナーとして使った後は内出血する可能性もあるため、使用後は上半身を隅々までチェックしましょう。

■血圧の上昇に注意

金剛金シャツは血管を圧迫することから、血圧が上昇することにも注意が必要です。特に血圧の高い方や、循環器系の病気で通院している方は危険ですので、着用は控えたほうが良いでしょう。

■インストラクターへ相談するのもおすすめ

金剛金シャツの利用方法で悩んだ時は、ジムなどのインストラクターへ相談してみるのもおすすめです。適切なアドバイスをもらえますので、自己判断で使用するのが不安な方も相談してみてはいかがでしょうか?

■異常が出たら使用の中断を

もし金剛金シャツを使用して内出血が続いたり、血圧の上昇によるめまいなどの異常を感じた時は利用を中断しましょう。使い続けると体が異常をきたしてしまうおそれがあります。不安がある方は、なるべく圧力の弱い製品を使うことから始め、慣れてきたら圧力の強いものに切り替えていくのもおすすめです。

金剛金シャツを着ると猫背矯正に役に立つ

最近amazonや楽天などで人気が上昇している金剛金シャツは普通に着用することによって効果を実感することができるでしょう。加圧トレーニングをする暇が無かったり、スポーツをする機会が無かったりする人にはおすすめのアイテムではないでしょうか。この金剛金シャツには実は猫背を矯正するという効果がありますので、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

■猫背はいい印象を与えない

猫背の人というのはどうしても自信が無さげに見えたり、落ち着きがないという風に見えたりします。そういう風にいいイメージを与えるものではありませんので、いいイメージを残したいのならば姿勢を矯正するということは大切なことです。

姿勢を矯正する手助けをするのが金剛金シャツです。猫背であることによって無気力な印象を与えたり、顔がむくんで見えたり、年齢の割に老けて見えたりします。猫背というのは決していい印象を与えるものではありませんし、体が疲れやすくなったりしますので、いい印象を与えたいならいい姿勢に見えるように胸を張るように意識してみてください。

■姿勢が矯正することで猫背を直す

金剛金シャツの目的というのは姿勢の矯正にありますが、それだけでなくダイエットにもつながってきます。このシャツを着用することで加圧トレーニングを行っているのと同じような効果を得ることができ、その中で姿勢を矯正することもできます。猫背の体というと体が丸まっているというイメージがありますが、このシャツの効果によって姿勢を正すことができるわけです。

また、加圧トレーニングをしているのと同じということで、腹筋は背筋を鍛えることにもつながっていきますので、結果的に猫背を矯正することにもつながります。

■姿勢を直したいなら購入してみるといい

大人になると無意識のうちに筋力の低下などによって猫背になっている人も中にはいます。姿勢を正したいという風に思っているならば、胸を張るように意識するとともに金剛金シャツを購入するのもいいでしょう。

金剛金シャツとアンダーアーマーの違いを知っておく

最近の筋トレもただダンベルやバーベルを持てばいいというものでもありません。筋トレの効果をいかにあげるかということで着るものも考えることが求められてきました。
その中で注目されてきているのが、加圧シャツとアンダーアーマーです。これらを着れば加圧トレーニングと同じ効果を得ると言う人がいますが、その違いを改めてここで見ていきましょう。

■アンダーアーマーってそもそも何?

アンダーアーマーも聞き慣れない言葉ですが、スポーツしている人がピチピチした肌着やウェアをつけています。あれのことをいいます。スポーツを見ていれば、野球などで1度は見たことあるはずです。
あれを着て筋トレやマラソン、ランニング、ヨガなど体を動かせば加圧トレーニングと同じとなると思っている人も意外と多いのです。

しかし、アンダーアーマーの本来の働きは加圧トレーニングとは異なっています。確かに圧を与えるそうですが、それは筋トレの負荷としてでなく、筋肉をよりスムーズに動かすためのものです。その結果、体への疲労も和らげて、スタミナも残るようになり、パフォーマンスをあげると言うものなのです。
つまりは、筋トレやそのための負荷をかけるものではないのです。そうなると加圧トレーニングの効果はないということです。

■加圧シャツの効果は

加圧シャツの場合には、きちんと体へ圧をかけて負荷をかけるようになります。つまりは加圧トレーニングと同じ効果は得られるということです。
実際に加圧シャツをつけていた方がつけていない人よりも、筋トレの効果を早く実感できたり、お腹の脂肪を落としたり、腕痩せや下半身痩せなど部分痩せも実現できたそうです。

また加圧シャツにより、血管の広がりや内蔵の働きの向上など、スポーツに特化した効果をもたらすアンダーアーマーとは違った効果ももたらしてくれます。女性ならば、さらに美容やアンチエイジングの効果も期待できます。

■見た目が似ているからか

このように違いに大きな差があるのに、同じようなものとして扱われるのも、見た目には似たようなものだからかもしれません。

しかし、大きな差があるので、きちんとその目的に合わせて使うようにしましょう。

[PR]金剛金シャツのことを詳しく知るならこちら!